コンテンツへスキップ

私はこれまで多種多様なダイエットを試してきましたが、一番綺麗に痩せたと自分で実感したダイエットはいわゆるウォーキングダイエットです。

ウォーキングと言ってもダイエットのために歩きたかったわけではなく、通勤の都合上どうしても片道1時間程度歩かざるを得なかったというのが本当のところです。

通勤先が辺鄙な場所にあり当時車を持っておらず、尚且つバスなども近くを通っていなかったため自分の足で歩くか自転車しか選択肢がありませんでした。

当時の私は恥ずかしながら自転車に乗れなかったため、必然的に毎日片道1時間、往復で2時間のウォーキングを余儀なくされたわけです。

最初の頃は歩きすぎて足が筋肉痛になったりしましたが、筋肉が付いたのかすぐにこのウォーキングには慣れました。
そしてこの通勤という名のウォーキングの結果、毎月1キロづつ体重が減っていき一年かけて10キロほどの減量に成功しました。

おそらくホルモンバランスなどの関係だと思いますが、毎月2回500グラムづつ体重が減る日がありそれ以外の日は不思議なくらい体重の増減はありませんでした。

元々子供の頃からぽっちゃり体形で痩せたことがなかったため、生まれて初めての普通体形をひょんなことから手に入れることができました。

ただ、10キロ痩せたところからは全然体重が減らなくなり、これが私の限界体重なんだろうと勝手に思い込むことにしました。

一月1キロ減なら1年で12キロ減のはずですが、10キロ落ちたところで体重の減少はパッタリと止まり、それ以降もこの通勤という名のウォーキングは続きましたがこれ以上痩せることはありませんでした。

このウォーキングを含めた消費カロリーと食べた物による摂取カロリーのバランスが丁度10キロ減のところで取れたのでしょうか?

 

 

 

私は 女なのに、2、3日顔の表面の毛を放置するだけで、口元にうっすらと、あるいは数本結構な太さのヒゲが生えてしまって困っています。

口元でさえそうなので、目元まわり、眉毛は、毎日眉毛抜きなどでぬかないと、2、3日中にはまばらに太い眉毛が生えてきてだらしない印象になってしまいます。

毛深くて特に困ってしまうのは、旅行や入院など、比較的長い時間毛をそる時間がとれそうにない状況になるときです。

出産のため五日間入院しましたが、産後三日はシャワーも浴びるのは禁止だったので、お見舞いに来てくれた夫や親戚たちの前に、毛深くなっていく自分をさらすのはすごいストレスでした。

腕毛やすね毛も、数日で濃くなってしまうので、外出先などでは真夏でもカーディガンを持参したり常にパンツルックなど、毛が気になりすぎて着たい服が着られないのも悩みです。

同じように毛深くて悩んでいる女性の友人がいて、彼女も毎日入浴時に毛をそらないと、実は男性並みに腕毛やすね毛が目立ってしまうと言っていました。

一番毛深くて困っているのは、私たちのような女性が、気軽に周囲に悩みを打ち明けたりできないことです。

皆誰にも言わずひっそりと、自分なりに剃毛していたりレーザーなどで生えてこないように処置を受けていたり、悩みが共有されるだけでも気が楽になると思いますが、『毛深い=女性らしくない、男性ホルモンの分泌がさかん』などのイメージがあったり、生理現象に関わることなので友人でも言いづらいです。

女性も毛に対してのケアを、本当に毎日気にしているということを、男性にも知ってもらって、『口元にひげが生えてるよ』とか、からかい半分で無神経な指摘はしないでもらいたい…と思ってしまいます。

毛に関しては遺伝の要素も大きいと感じるので、家族間でケアの仕方を話し合うなどして、悩みに対処しています。
男性は女性ほどには気にしない人が多いようなので、姉と悩みを共有しながら、よくそれるカミソリやクリームの情報を交換しています。

姉に教えてもらったサイト(http://xn----iu8a7t9ev91b4pxuuq15t.jp/)を見ていると、なんだか医療脱毛が良さそう。私の地元の名古屋でも医療脱毛ができるみたいですね。一度カウンセリングに行って悩みを聞いてもらおうかな(^_^;)