コンテンツへスキップ

夜歩くのが効果的?

私はこれまで多種多様なダイエットを試してきましたが、一番綺麗に痩せたと自分で実感したダイエットはいわゆるウォーキングダイエットです。

ウォーキングと言ってもダイエットのために歩きたかったわけではなく、通勤の都合上どうしても片道1時間程度歩かざるを得なかったというのが本当のところです。

通勤先が辺鄙な場所にあり当時車を持っておらず、尚且つバスなども近くを通っていなかったため自分の足で歩くか自転車しか選択肢がありませんでした。

当時の私は恥ずかしながら自転車に乗れなかったため、必然的に毎日片道1時間、往復で2時間のウォーキングを余儀なくされたわけです。

最初の頃は歩きすぎて足が筋肉痛になったりしましたが、筋肉が付いたのかすぐにこのウォーキングには慣れました。
そしてこの通勤という名のウォーキングの結果、毎月1キロづつ体重が減っていき一年かけて10キロほどの減量に成功しました。

おそらくホルモンバランスなどの関係だと思いますが、毎月2回500グラムづつ体重が減る日がありそれ以外の日は不思議なくらい体重の増減はありませんでした。

元々子供の頃からぽっちゃり体形で痩せたことがなかったため、生まれて初めての普通体形をひょんなことから手に入れることができました。

ただ、10キロ痩せたところからは全然体重が減らなくなり、これが私の限界体重なんだろうと勝手に思い込むことにしました。

一月1キロ減なら1年で12キロ減のはずですが、10キロ落ちたところで体重の減少はパッタリと止まり、それ以降もこの通勤という名のウォーキングは続きましたがこれ以上痩せることはありませんでした。

このウォーキングを含めた消費カロリーと食べた物による摂取カロリーのバランスが丁度10キロ減のところで取れたのでしょうか?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です